ジェットスター・ジャパンでの遅延について

もしものために保険を

フライト情報、ジェットスタージェットスタージャパンの搭乗記

次に出発する便は定刻通りに出発できたりもするわけです。
しかし、余裕のないぎりぎりのダイヤを組んでいては、遅れを吸収するようなことは不可能です。
到着の遅れが次の出発の遅れにつながるだけならまだしも、さらにその飛行機の到着の遅れにもつながるしさらに次の便の出発が遅れることにもなるというように、遅れの連鎖が起きてしまうことになるからです。
そういうわけで、もしジェットスター・ジャパンでの遅延が心配ならば、一つ保険をかけておくという方法がありますので紹介しましょう。
別に難しい手続きが必要なわけでも何でもありません。
ジェットスターには3つの運賃種別があります。
Starter、Starter Plus、Starter Maxの3つですが、このうちStarter PlusかStarter Maxの運賃を選択するだけです。
これだけで保険をかけたことになるのです。
どういう場合に保険がおりるかというと、まずは予約便が欠航や運休となった場合です。

飛行機に遅延はつきもの | もしものために保険を | 保険金の支払い条件も理解しておくこと